採用ブログ : 2016.06.08

【地域医療の活性化:箱根の病院のブランディング】夏の広報誌できました

“地域医療の活性化”のために、箱根の病院で行ったブランディングプロジェクト。
「いのち輝く 癒しの病院」箱根病院の、広報誌 2冊目、2016年夏号ができました! 

創立100年以上の歴史ある地方病院箱根病院。 
5年前に新しい院長が赴任されたタイミングで、ご縁をいただき、スタートしたプロジェクト。
ikigotoでは、「いのち輝く癒しの病院」というコンセプトをつくり、新コンセプトでのブランディングを推進するため、院内にイノベーションチームを発足し毎月のワークショップや、院外にむけてWEBサイト・広報誌・採用ブースなどのクリエイティブづくりなど行ってきました。

病院は、体に病をもったたくさんの人が癒されるくるところ、それにも関わらず病院は、どこか疲れてしまう部分があります。
箱根病院とともに、病院だからこそ、心と体が癒されるような空間、ホテルマンのような紳士なおもてなしのあるサービス、高いクオリティのある技術のある場所を、つくろうと考えました。

slide_hakone

ブランディングプロジェクトをはじめて5年。
院内のおもてなしサービス向上のみならず、”一緒に働きたい!”という看護師の採用応募の数も急増して、
採用数も5年前までは例年0人、1人程度だったところから、今年はなんと16人へ! 大きな採用効果がでています。

地域医療の活性化につながる、新しい病院のコミュニケーションスタイルづくり。 
今回は、プロジェクトの一環で作成している、広報誌「QUARTERLY MAGAZINE HAKONE HOSPITAL」のVol.2のご紹介!

季刊誌として、3ヶ月ごとにつくっている広報誌。
前回紹介させていただいた、創刊号の2016年春号に引き続き、Vol.2となる2016年 夏号できました! 

2016年 春号の記事はコチラ↓ 
http://recruit.ikigoto.com/blog/project-hakone-magazine1/ 


「QUARTERLY MAGAZINE HAKONE HOSPITAL」 2016年夏号を、写真とともにご紹介します! 



箱根病院では、「いのち輝く癒しの病院」をつくるためのイノベーションをすすめていくため、院内スタッフ20名程度からなるイノベーションチームを5年前に発足しました。

広報誌では、院内のイノベーションチームで進めていくプロジェクトを紹介したり、スタッフのインタビューなどを紹介しています! 

今回の表紙は、夏祭りの装いの、イノベーションチームのみなさま。
箱根病院では、長期療養中の患者さんも夏を楽しめるよう、毎年夏祭りを開催しています。

hakone

「いのち輝く癒しの病院」をめざして。様々なシーンが、病院内でつくられています。

hakone

毎年春になると、箱根病院のまわりは桜でいっぱい。そんなさくら道を、車椅子で患者さんとお散歩したり。

hakone

毎年8月に、箱根病院では、花火大会が開催されたり。ボランティアの方の演奏と共に、夜空にさく花火を楽しむひと時。
この花火大会は、20年以上の歴史があるそう。地元の方々もたくさん、箱根病院に集まるそう!

hakone

箱根病院の働き方の理想は、思いやりや優しさに満ちた働き方。
思いやりをそえる。「& Hospitality」をテーマにした、院内の働き方もご紹介しています♪ 

hakone

箱根病院で活躍するスタッフのインタビューも。スタッフの皆さん、とてもイキイキされています。
「箱根病院はもう一つの家族のような場所」といった、素敵なコメントもありました。

hakone

このほかにも、箱根病院では、毎年6月になると、患者さんのアート作品展「風祭展」も開催しています。
この日の為に、一年間かけて、作品作りをしている患者さんもいるそうです。 

「いのち輝く癒しの病院」をめざして、箱根病院では、日々イノベーションプロジェクトが進んでいます。

イノベーションプロジェクトの様子は、広報誌以外でも、イノベーションチームのスタッフのブログで随時発信されています♪ 
ぜひみてみてください!

http://hakonehosp.com/blog/category/ip/


採用効果も抜群! 例年の4倍ちかくの学生さんたちが集まりました! 


4月22日の金曜日、幕張メッセで看護学生フォーラムが行われました。
これは国立病院機構関東信越グループ内の病院に興味のある人たちに向けた合同就職説明会です。
ここに、箱根病院も参加し、未来の看護師さんたちの活躍の場として、箱根病院のPRをされました。 

毎年参加しているそうですが、今年の箱根病院のブースは何かが違う・・・。
見て下さい、この盛況っぷり! ブースではスペースが足りずに通路にはみだしそうです!!

hakone

配布した広報誌も活躍して、ブースには、なんと例年の4倍近い大勢の学生さんたちが集まったそうです。
箱根病院の特徴、教育、魅力などについて、院内スタッフの方たちが熱い思いを伝えられたそうです。

hakone

「いのち輝く癒しの病院」箱根病院の、思いに共感した、大勢の未来の看護婦さんとのつながりができました。


箱根病院と共に行ってきた、地域医療活性化のための、ブランディングプロジェクト。
ここから、院内外ともに、地域にたくさんのつながりが生まれています。

未来の病院のかたちとして、他の地方にも、ひろげていければと思います! 

  • LINEで送る
このページのTOPへ